Menu

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム 株式会社アイリス経歴と過去の実績 再現性は?

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム 株式会社アイリス経歴と過去の実績 再現性は? はコメントを受け付けていません。

Pocket

緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム 株式会社アイリス経歴と過去の実績 再現性は?

→詳細はこちら

ネットではけっこう有名な株式会社アイリスさんが書いた
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムが売れてるみたい。

このような硬いままで放置しておくと、視神経が圧迫されダメージを受けて視野が欠けてしまうのです。
実際はそうではありません。
実は眼圧を下げる目的で用いられる点眼薬「チモプトール」はβー遮断薬という系統のお薬。
眼圧を下げる「ミケラン」や「ハイパジール」という点眼薬も同じ成分のものが、
血圧を下げる内服薬としても使われているのです。
そもそも、眼圧が高いとどうして緑内障になるのでしょう。
これまでの眼科治療では眼圧と血圧、自律神経は関係のないものと思われてきました。
ちょうど水を入れ過ぎた水風船のような状態。
これは、内服薬としては、自律神経に作用して、血圧を下げるお薬として使われています。
要するに血流の改善、自律神経の改善は眼圧を下げるとともに、
眼圧以外の原因にも有効な緑内障改善のための最先端のアプローチなのです。
これまでの眼科治療では、点眼薬でこの眼圧を下げていました。
普段、眼球に出入りする水(房水)の出る量と入る量は一定ですが何らかの原因で出にくくなると、
その房水が中に溜まってしまうので眼圧があがってしまいます。
パンパンに張って硬い状態をイメージをしてください。
治療の手だてがないと思われていたのです。

今まで色々やって難しかったけど、これならいいかも。

本当の効果はどうなのかな?評価とレビューが気になるね。

一見、緑内障とは関係がないように思われるこれらの症状ですが、
実は最先端の研究からも、緑内障との密接な関わりがあることが分かってきました。
緑内障は、決して改善できない病気ではないのです。
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムではこの最新医学と、
私が独自に研究開発した改善方法で、これまで根治が不可能といわれてきた緑内障の改善に挑みます。
緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラムでは眼圧の低下及び、
眼圧以外の緑内障の2大原因「滞った血流」と「自律神経の乱れ」の改善にもアプローチを図ります。

っていうから、やってみるのも悪くないかも。

理論的で具体的で再現性があるんだって。

気になるなぁ。

→詳細はこちら