パニック症候群と嘔吐恐怖症

パニック症候群と嘔吐恐怖症

パニック症候群の症状の一つに嘔吐恐怖症と呼ばれる症状があります。

このパニック症候群の嘔吐恐怖症という症状はどんな症状なのかというと、自分が嘔吐してしまうことや、自分以外の人が嘔吐するという状況に対して、とても強迫的な恐怖心を感じてしまうというような症状のことを言います。

パニック症候群の発作の一つと言ってもいいのですが、嘔吐恐怖症は、不安神経症の人も発症しやすいと言われていますし、それ以外にも、うつ病にかかっているという人にとっても併発しやすい症状であるとも言われています。

パニック症候群の具体的な嘔吐恐怖症の症状としては、嘔吐をした際に恐怖に直面してしまい、そこから動悸が激しくなったりめまいを感じたり手足の震えを感じるなどがあります。

恐怖の感情が高まってしまうと、日常的に自分の体に起きる嘔吐や吐き気に対しての恐怖にとらわれてしまいますから、また吐くかもしれないというような、強迫観念にかられてしまい、外出ができなかったり、外食することができなかったり、食事をすることもままならない状態になるとも言われています。

パニック症候群で嘔吐恐怖症になる人は、小さい頃などに、自分や他人が嘔吐した際に、苦しい思いをした、恥ずかしい思いをしたといったことなどが原因であると言われています。

外出できないほどのパニック症候群の嘔吐恐怖症の場合には、行動療法による治療ということになりますから、早めに医師の治療を開始したほうがいいでしょう。

最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム