Menu

末次 雅朝 アーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル 一般の評価 再現性

末次 雅朝 アーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル 一般の評価 再現性 はコメントを受け付けていません。

Pocket

末次 雅朝さんのアーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル。

最初に聞いた時は、何なの!?って思ったけれど

インターネットには色々な治療法が掲載されています。

わたしの場合、食生活や生活リズムを崩すとまれに再発しますので、
その都度、この方法を実施して、体調を元に戻しています・・・。

人間の自然治癒力と、その治癒力を最大限引き出すアーユルヴェーダの治療法はホントに凄いです!

現代社会では、病気になれば病院で診てもらい、薬(化学物質で作りだした毒)を処方される。

インドの自然療法アーユルヴェーダを知ることになります。

10日経過するころには鼻づまりはほとんどなくなりました。

体質改善を続けて1日経過するごとに鼻づまりが少しですが解消されていきます。

なぜか、甘く感じられたのです!これには本当に驚かされました・・・

初めは半信半疑で始めましたが、これで続けてみようという気持ちになりました。

これは大きな間違いですよね・・・副作用(人体に害)がある薬が人間にとって決して良いものであるはずがありません。

「わたしが蓄膿症になったのは、2年前に風邪をこじらせて1週間以上経過しても咳がなかなか治らなかったことが始まりでした。

実際、どれが本当に効果があるのかはやってみないとわかりません。最初に驚いたのは、○○を断ってから、2、3日目で白湯が甘く感じられたことです。

なので、ダメもとで始めて、治ったらラッキーというくらいの気持ちでスタートしました。

飲んでいるのは、ただのお湯のはずなんですが・・・。

約3週間後にはほぼ症状がなくなりました。

蓄膿症から今までなかった花粉症を併発し、花粉症の時期は両鼻が詰まり、苦しくてほとんど眠れない日々が続きました。

通常でしたら、2、3日で治る風邪がなかなか治らず、数か月してから病院に行って診察してもらったところ、
蓄膿症が発覚しました。

薬を飲み続けるも、改善が進まないため、インターネットであらゆる治療法を探しました。

薬でクラリス、クラビット、ムコダインを処方して飲んでいましたが、慢性化しており、一時的に良くなる程度でした。

これが、アーユルヴェーダ。

この度は良い機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。

病気というのは、本来はこういうやり方で治すものだと考えるようになりました。

アーユルヴェーダの体質改善を開始してから、○○を断ち、粘液排出プログラムを実施します。

昔の人々は自然にあるもので治してきた。って、
言っているのはどうなのかな?

末次 雅朝さんって有名な人?

効果と体験談

疑問や不安なことにもメールで対応して下さり、今ではすっかり回復して、持病の花粉症も出ておりません。

ある医師はよく鼻も診ずして、CTの結果だけで「ここへ来たからには手術する覚悟だろう」とか、
「こんなひどい鼻たけ(良性のポリープ)は見たことがない」、「手術したとしても再発するかもしれない。」など、
心ない言葉を投げかけられました。匂いは戻るだろうが、確定はできない。

西洋医学は所詮は対症療法に過ぎず、根本治療は出来ないと思い、治療法の情報を集める努力は惜しみませんでした。

もう二度と薬は飲みたくない、絶対に治したい、という一心でしたので、「アーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル」に書いてあることはすぐに実践しました。

インターネットで見つけたこの「アーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル」を藁をもすがる思いで購入しました。

物の匂いが分からない生活は経験した人でしか分からない相当辛い事です。

本当にこの「アーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル」と出会えてよかったと感謝しております。

どこへ行っても強い点鼻薬や抗生剤などを処方され、すぐに治まったかのように思えました。

薬を飲み終えてしばらくすると結局は同じ事の繰り返しでした。

この時の感動といったら言葉に尽くせません!現在もこの「アーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル」を元に食生活に気をくばり、簡単な事を守るだけで、香りのある生活を送ることが出来ております。

驚いたことに、実践して2ヶ月経ったころ、今まで全く匂わなかった鼻が香りを察知していました。

ふとしたことから蓄膿症を患い、かれこれ十数年になります。

わたしは鼻が特に利くほうで、病気などしたことがありませんでした。

頑固な鼻詰まりの上、嗅覚まですっかり無くなり、味気ない日常を送っておりました。

なんとかして病気を治したい一心で、今まで、大学病院やインターネットで探した評判の名医がいる耳鼻科などを渡り歩きました。

考えても始まらないよね。