うつ病とパニック症候群

うつ病とパニック症候群

うつ病とパニック症候群は、しばしば併発する例がとても多いと言われています。

最初の段階では、パニック症候群が最初に発症して、人前で、パニック症候群の発作が起きてしまったことが原因で、また起きたらどうしよう、外出先で発作になったらどうしようといった恐怖心が強くなり、不安な気持ちなどが強くなったことから、うつ病になり、鬱状態が長く続いてしまうというケースが一般的には多いです。

うつ病もパニック症候群も、精神的な疾患として取り扱われていますが、うつ病の人が、突然パニック症候群に襲われるというよりは、どちらかといえば、パニック症候群の人が、うつ病をあとから併発するというケースの方が多いと言われています。

パニック症候群の人というのは、不安や恐怖心から解放されることがありません。

一度発作を起こしてしまうと、また同じような発作が出たらどうしようと思ってしまったり、恐怖心から追い詰められてしまい、鬱状態になるというケースが増えています。

そのためうつ病になり、家に引きこもりがちで、コミュニケーションをとろうとしない、一人で 抱え込んでしまうというようなことも多いのが現状です。

パニック症候群も、うつ病も、どちらの症状になった場合でも、できるだけ早く、医療機関や専門の医師の元へ行ってみてもらうというのがいいとされています。

早ければ早い方が、治療もスムーズに進みますし、完治までにかかる時間も短縮できるのです。

最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム