パニック症候群の原因

パニック症候群の原因

パニック症候群の原因は人それぞれ色々な原因があります。

例えば、パニック症候群の原因にはストレスがあると言われていますが、突然起きるために原因がわからないという人もいます。

脳の中にある、青い斑点の中心にあるノルアドレナリン神経系と呼ばれる部分には、体が危険と判断すると、警報を出すという働きがあると言われています。

パニック症候群では、このノルアドレナリン神経系が誤作動を起こしているというような状態が多いとされています。

危険なことが起きていないのにもかかわらず、警報が出てしまって、発作が起きていると考えられるのです。

ノルアドレナリン系の神経系というのは異常興奮を起こしてしまいますが、この異常興奮は、その後恐怖説いた感情にかかわる大脳辺緑系という部分に達してしまい、それが予期不安を発生させるとも言われているのです。

パニック症候群の発作が何度も来てしまって、何度も繰り返してこの発作が起きてしまうと、その結果、脳が勝手にそのことを学習して、怖いという気持ちから、体を遠ざけようとして、その場所を避けさせようとしたり、思い出すだけで不安な気持ちになるともいわれているのです。

パニック症候群の原因は、直接的原因としては、ストレスや今の生活習慣などが原因ともされているのですが、他にも家族にパニック症候群の患者がいたという場合には、遺伝するということもあり得ますので、遺伝が原因で、パニック症候群の原因になっていると言われています。

最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム