パニック症候群の心理療法

パニック症候群の心理療法

パニック症候群にかかった場合には、薬物療法と心理療法のこの二つの方法が治療法として挙げられます。

パニック症候群の治療では、ポイントとなるのは発作が起きてしまった際に、その発作に対して恐怖心を抱かないこと、それが大切なことなのです。

発作がまた起きてしまって、大勢の人の前でパニック症候群になったらどうしようと、心配しすぎるあまり、鬱状態になるという人も少なくありません。

発作が来てた起きたときにあわてたりすると、さらに状態が悪化することにつながりますから、とにかくパニック症候群になったとしても落ち着いて冷静に対処できる自分を作ることが大切です。

パニック症候群の治療では心理療法として、認知行動療法や支持療法といった心理療法がとても効果があるとされています。

心理療法の一つである認知療法というのは、認知療法と行動療法を組み合わせて認知鼓動療法と呼ばれる心理療法で、パニック症候群を抱えている患者さんが、避けて通っている場所にわざを言ってみて、避けている状況に対してどんな反応を示すのか試してみたり、色々と大丈夫であるという経験を一緒に積み重ねていくというような心理療法がおこなわれます。

エキスポージャー療法とも言われています。

認知行動療法は、パニック症候群の発作がなくなった後でも、なかなか不安などの気持は消えませんし、回避行動を起こしてしまったり、場所へ行くことに恐怖を感じる人も多いのですが、それらを克服することにもつながります。

最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム